メディプラスゲルのクレンジングオイル

メディプラスのクレンジングオイルはこんな感じです!!

メディプラスクレンジングオイル

今回新しく発売になったのはメディプラスクレンジングゲル

これはジェル(ゲル)タイプのクレンジングですが,メディプラスにはもうひとつ別のタイプのクレンジングがあります。

 

それはこの「メディプラスクレンジングオイル」。

 

もともとはこちらの方が先にリリースされていた商品で、こちらもメディプラスゲルの購入者にはかなり人気のある商品だって聞いています。

 

 

私もメディプラスゲルはもう何年もリピート購入しているので、このクレンジングオイルも追加で購入して使ったこともあります!
悪くないです!いいです!こっちのオイルも。

 

でも正直・・こっちのオイルはリピートはしませんでした。
自分的には断然新しいクレンジングゲルの方が好き

 

 

メディプラスクレンジングゲルと比較するためにこのメディプラスのクレンジングオイルも紹介しておきましょう。

 

メディプラスクレンジングオイルの特徴

 

メディプラスクレンジングオイルは名のとおりオイルタイプのクレンジングです。

 

クレンジングの種類でも詳しく解説しましたが、クレンジングオイルには次のような特徴があります。

 

 

クレンジングオイルの特徴とメリット

 

クレンジングオイルはその名の通りオイルがベースです。
ファンデや口紅、シャドウなどメイクは基本的には油性の汚れです。
これを同じ油性のオイルとなじませて落とします。
ですのでしっかりメイクもばっちり落ちます。ウォータープルーフのアイメイクなどもすっきり。

 

クレンジングオイルのデメリット

オイルなのでまつエクには使えないものが多い
油性なのでニキビができやすくなる人も
脂質肌(オイリー肌)には注意が必要
しっかり落ちる分肌への負担は大きい
メイクを落とすのが目的なので美容成分などは含まないものが多い
ダブルクレンジング必須

 

 

メディプラスクレンジングオイルも基本的には上記の特徴に一致しています。

 

 

ただ、メディプラスクレンジングオイルはクレンジングオイルのデメリットをカバーする工夫もいろいろされています。

 

例えば・・・・

 

うるおいUPで毛穴レス肌に

贅沢美容オイル

メディプラスクレンジングオイルは8種の美容オイルを配合しています。
メイク落としのためのオイルというのではなく「美容オイル」を配合しているのが特徴です。

 

エステなどでトリートメントオイルに使われるマカダミヤ種子油や、オリーブ果実油などを贅沢に使っています。

 

 

贅沢美容オイル

そして落ちにくいオイルですから落ちにくいメイクの汚れもすっきり落とします。
クレンジングの洗浄力はオイルがなんといっても一番。
濃いメイク、ポイントメイク、ラメなどのメイクもしっかりオイルで乳化してクリアにすることができます。

 

そしてオイルベースなのにまつエクもOKです。

 

他とは違うクレンジングオイル

メディプラスクレンジングオイル

オイルベースのクレンジングってベタベタが強くてあくまでもメイクを落とすためのオイルって感じで、ダブル洗顔をしてもまだベタベタしてるような気がするのですが、
メディプラスクレンジングオイルはそんなにべとつきはありません。

 

化粧水と一緒に使う美容オイルてベトベトしませんよね?
そうです、あんな感じなんです。

 

で、うるおいもしっかり残す。

 

これがメディプラス。

 

今までもクレンジングオイルはいろいろなメーカーのものを使ってきましたが(有名どころは制覇しています・・たぶん)、このメディプラスはさすがだな!って思いました。

 

<成分一覧>
ミネラルオイル、イソノナン酸イソノニル、イソステアリン酸PEG−8グリセリル、イソステアリン酸PEG−6グリセリル、イソステアリン酸PEG−3グリセリル、水、セラミドNP、加水分解ヒアルロン酸、加水分解コラーゲン、水溶性プロテオグリカン、オリーブ果実油、メドウフォーム油、アーモンド油、マカデミア種子油、アルガニアスピノサ核油、シア脂油、ブドウ種子油、ククイナッツ油、ヤシ油、ヒポファエラムノイデス果実油、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、ユズ種子エキス、ナンバンクサフジ種子エキス、α-グルカンオリゴサッカリド、アルギニン、タウリン、リシンHCl、グルタミン酸、グリシン、ロイシン、ヒスチジンHCl、セリン、バリン、アスパラギン酸Na、トレオニン、アラニン、イソロイシン、アラントイン、フェニルアラニン、プロリン、チロシン、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、グリセリン、BG、プロパンジオール、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル−10、PEG/PPG/ポリブチレングリコール−8/5/3グリセリン、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、トコフェロール

 

 

 

メディプラスクレンジングオイルの使い方

 

メディプラスクレンジングオイルの使い方は他のクレンジングオイルと変わりません。

 

乾いた手に約4回プッシュ分のクレンジングオイルを取り、顔にやさしくなじませます。

 

アイメイクなどの落ちにくい部分は何度かくるくるしましょう。

 

その後手をちょっと濡らしてもう一度くるくるとなじませると、キレイに乳化していきます。

 

オイルなので優しくくるくるするだけでするっと落ちていきます。

 

※分量が少ないと肌に摩擦が起きて刺激を与えることになるので4プッシュ分たっぷり使いましょう!

 

メディプラスのクレンジングオイルの使い方(公式サイトより)

 

口コミ評判も良好!

 

メディプラスクレンジングゲルと比較すると・・・・

 

メディプラスクレンジングオイルとメディプラスクレンジングゲルを比較すると、

 

洗浄力比較すると

 

メイクの洗浄力でみると、さすがにオイルの方が落ちがいいかなという気はします。
ただし、個人的にはほとんど変わらないかなという感じ。

 

一般的なクレンジングジェルとクレンジングオイルを比べると、その落ち方は大きな差があるんですが、
メディプラスのクレンジングゲルの洗浄力はゲルとは思えないくらいすごいので(ポイントメイクもばっちり!)、あまり差を感じないんですよね。

 

いつもかなりのばっちりメイクというならやっぱりオイルの方がいいかな?と思いますが、アイラインにウォータープルーフを使っている、マスカラもばっちりやってるくらいのメイクなら全然クレンジングゲルで大丈夫です!

 

 

潤いで比較すると

 

潤い成分で比較すると、これもクレンジングゲルの勝ち!
オイルの方も他のクレンジングオイルに比べると充分にすごいのですが、メディプラスのクレンジングゲルはすごすぎました。
これクレンジングなの?もう美容液でよくない?

 

っていうくらいのたっぷり美容成分配合なので、さすがにメディプラスのクレンジングオイルでもかなわないかな・・という・・。

 

メディプラスのクレンジングゲルは洗った後に何もつけなくてももういいんじゃないだろうか?(たまに忘れるくらい)すごいのです。

 

 

 

その他クレンジングゲルが勝ってると思うこと!

 

その他クレンジングゲルが勝ってると思うこと、それはダブルクレンジングが不要ということ。

 

ダブルクレンジングが不要というのは本当に楽ちん。
クレンジングのあとにはもう一回洗うっていうのが当たり前になっていましたが、ダブルクレンジングなしを1度経験してしまうともう戻れませんよ!
めちゃくちゃ楽です!

 

そして、ダブルクレンジング不要っていうのは、これ盲点だと思うんですけど、実はコスパも大幅に良くなるんですよね!
洗顔料が減らない!いらない!
朝だけでいいってことです!

 

なのでその分クレンジングにお金をかけられる!
これってすごいなって思うんです。計算してみるとかなりお得なのがわかると思います。

 

もう一つはホットパックができることですね。
何度か紹介しましたが、このメディプラスクレンジングゲルには、このクレンジングゲルにはマッサージなどに使われるホットフラックス(HOTFLUX)という温感成分が入っています。
なので肌につけるとじわーっとあったかくなります。
肌を温めることでマッサージ効果もUPしますし、肌のコンディションもアップ。
毛穴も開き汚れも落ちやすくなり、血行も良くなります。

 

この機能はクレンジングオイルの方にはありません!

 

 

メディプラスゲルクレンジングオイル購入ガイド

 

メディプラスクレンジングゲル
メディプラスクレンジングオイル

 

メディプラスのオイルクレンジング

 

オイルタイプのクレンジングです。
美容オイルをたっぷり使用し、潤いをキープ。
洗浄力は抜群なのに肌に優しい。
まつエクもOKです。

 

 

価格 3,564円(税込)※送料無料
内容量 160g(約2か月分)

 

 


 

 

※公式サイトはWEB限定1,000円OFFキャンペーン中

page top