クレンジングの種類|メディプラスクレンジングゲルはなぜいいの?

クレンジングにはどんな種類があるの?

クレンジングを解説します

超おすすめクレンジングとしてのメディプラスクレンジングゲルの紹介をしている当サイトですが、ここで少しクレンジングについていろいろお話したいと思います。

 

いろいろなクレンジングの種類や特徴などをまとめてみました。

 

なぜ私がこんなにこのメディプラスクレンジングゲルを大々的に絶賛しているのかもきっとより分かってもらえるのではないかと思います。

 

 

主なクレンジングの種類

 

現在一般的に販売されているクレンジングの種類は以下の通りです。

 

 

  • クレンジングオイル
  • クレンジングリキッド
  • クレンジングクリーム(クレンジングバーム)
  • クレンジングジェル(クレンジングゲル)
  • クレンジングミルク

 

洗浄力は下に行くに従い弱くなります。
一般的にはクレンジングオイルの洗浄力が一番強く、クレンジングミルクの洗浄力は弱めです。

 

またこれ以外にも

 

  • クレンジングシート
  • ポイントメイクリムーバー

 

などもありますね。

 

では簡単にそれぞれの特徴を見てみましょう。

 

クレンジングオイルの特徴とメリット

ファンケルクレンジングオイル

クレンジングオイルはその名の通りオイルがベースです。
ファンデや口紅、シャドウなどメイクは基本的には油性の汚れです。
これを同じ油性のオイルとなじませて落とします。
ですのでしっかりメイクもばっちり落ちます。ウォータープルーフのアイメイクなどもすっきり。

 

クレンジングオイルのデメリット

オイルなのでまつエクには使えないものが多い
油性なのでニキビができやすくなる人も
脂質肌(オイリー肌)には注意が必要
しっかり落ちる分肌への負担は大きい
メイクを落とすのが目的なので美容成分などは含まないものが多い
ダブルクレンジング必須

 

・ファンケルクレンジングオイル
・ビオレパーフェクトオイル
メディプラスクレンジングオイル
・・・・・等

 

 

クレンジングリキッドの特徴とメリット

ビオレクレンジングリキッド

クレンジングリキッドは水がベース。
さらっとしていてべとつかずオイルフリーのものがほとんどです。
オイルではないのに洗浄力はかなり強く、ポイントメイクもしっかり落とせます。
クレンジングオイルのベトベトした感じが嫌いな人がこちらを好むようになりクレンジングの売れ筋に。
まつエクもOKです。濡れた手でも使えます。

 

 

 

クレンジングリキッドのデメリット

洗浄力が強いため肌荒れの原因になる人も
乾燥肌の人は注意が必要
基本的にはダブルクレンジングが必要

 

 

・ビオレうるおいクレンジングリキッド
・ソフティモクレンジングリキッド
・・・・・等

 

クレンジングクリーム(クレンジングバーム)の特徴とメリット

ポンズクレンジングクリーム

クレンジングクリームはクリームタイプでこってりとした感じです。
油分を含みメイクとなじませて落とします。
マッサージクリームとしても使えたりするものもあります。
摩擦が少ないので肌にあまり負担がありません。
今は洗い流すものが主流ですが、ふき取りタイプのものもあります。
(かなり昔のおばあちゃんの時代?はこのクレンジングクリームがコールドクリームなどとも呼ばれクレンジングのメインアイテムでした)
クレンジングバームはクレンジングクリームをもう少しオイル状にしたようなテクスチャーです。
バターのように伸ばすと溶けていきます。
クリームもバームも美容成分が豊富に入っていたり、肌の乾燥を防ぐ効果も。

 

 

 

クレンジングクリーム(クレンジングバーム)のデメリット

ベタベタしているのでニキビ肌にはつらいことも
油分の強いものは洗浄力も強い
ベタベタするのでダブルクレンジングは必須
使用量が多くなりがちなので早く減ってしまいコスパが悪いことも
バームはまつエクには使えない

 

・ポンズクリアフェイス クリームクレンジング
・ビオレこくリッチメイクオフクリーム
・・・・・等

 

 

 

クレンジングジェル(クレンジングゲル)の特徴とメリット

無印良品マイルドクレンジングジェル

ジェル状になったクレンジングです。
油性のオイルタイプ、水性にオイルの入ったオイルインタイプ、水性のオイルフリータイプの3種があります。
オイルタイプ、オイルインタイプは洗浄力が強いですが、水性のオイルフリータイプはしっかりメイクには不向きで、あまり洗浄力が強くありません。
さっぱりとしているので脂質肌(オイリー肌)、ニキビ肌にもおすすめ。
また美容成分が多く入ったタイプも人気です。オイルフリーのタイプはまつエクもOKです。
ダブルクレンジング不要のものもあります。

 

クレンジングジェル(クレンジングゲル)のデメリット

オイルフリーのものは洗浄力が弱い
ウォータープルーフはほとんど落ちないことが多い
ゴシゴシこすって肌を傷つけることも・・・

 

・無印良品マイルドクレンジングジェル
・オルビスクレンジングジェル
メディプラスクレンジングゲル(ただしこちらは洗浄力はばっちり)
・・・・・等

 

 

クレンジングミルクの特徴とメリット

ダヴクレンジングミルク

ミルク状になったクレンジングです。
洗浄力はあまり期待できないものが多い。
ファンデなどは落ちてもアイラインなどは残ってしまう。
肌には優しくうるおう。
美容成分も配合しやすい。
オイルフリーが多くまつエクもOK。

 

 

クレンジングミルクのデメリット

洗浄力は期待できない
べたつくものもある

 

・ダブモイスチャーミルク クレンジング
・無印良品 マイルドミルククレンジング
・・・・・等

 

 

とこのような特徴があります。

 

クレンジングの常識

洗浄力で選ぶなら「オイル」。

クレンジングオイルならポイントメイクもしっかり落とすことができます。
しかし、油分でべたつき脂質肌(オイリー肌)には使いにくい。

 

肌のことを考えるとジェルやミルクだけど・・・
こっちは洗浄力が弱くポイントメイクは落ちない
色素が残ってしまったら意味がない

 

 

というのがクレンジングの常識でした。

 

 

 

ですが・・このメディプラスのクレンジングゲルは!!!

 

 

 

メディプラスゲルのクレンジングゲルはだからすごい!

びっくりのオイルフリー

メディプラスから新登場のこのクレンジングゲルは、ゲルのデメリットだった洗浄力をオイル並みにUP!

 

ポイントメイク、ウォータープルーフのアイメイクもするっと落としてくれるだけではなく、
毛穴の黒ずみや黒くすみまで落とすというパワー。

 

なのにオイルは使っていません!
ココナッツ由来のメイクキャッチャーがメイクをつかんで落とすという新しいクレンジング方法で、ジェル(ゲル)をリキッドに変えて浮かせてメイクを落とします。

 

ほんとうにするっと落ちるのでゴシゴシこすることもありません。
だから敏感肌でも全く問題なし。
肌の弱い方にこそ使ってほしいクレンジングです!

 

Wクレンジングが不要っていうのもすごく嬉しいですよね!

 

というのももともとメディプラスゲルがそういうトラブル肌のための化粧品ブランドだから!

 

ゲルだから美容成分もたっぷり!

 

洗浄力強いクレンジングオイルは「メイクを落とすためのもの」という位置づけで、そのクレンジングオイルに美容成分を期待することはありませんでした。
あくまでもメイクを落とすためのもの。
それがクレンジングオイルの役割。

 

クレンジングにも美容成分を配合し潤いを与えたい!
という場合にはジェルかクリーム、ミルクにする必要がありましたが、こっちはメイクが落ちにくい。

 

これがクレンジングの常識・ジレンマ。

 

 

でも、このメディプラスゲルのクレンジングゲルはメイクの落ちはオイル並みなのにジェルですから、美容成分はこれでもかってくらいたっぷり入れることができるわけです。

 

 

美容成分1

 

こんな成分も・・・

 

 

美容成分2

 

え?美容液じゃないのに!!!っていうくらいいっぱいに入っています。
なので、メイクを落としたあとも肌が突っ張ることもありません。

 

慌てて「化粧水を付けなくちゃ!!」ってこともないんです。

 

 

そして肌温パックでホットマッサージ

 

そしてもうひとつの忘れていはいけない特徴がこのホットフラックスによる肌温パック。

 

ホットフラックス

 

メディプラスクレンジングゲルには肌に乗せるだけで温かくなるホットフラックスを配合しています。
なのでクレンジングをするだけでホットパックができるのです。
じわっと肌を温めながらクレンジングをするから余計にメイクの落ちも良くなるような気がします。

 

そしてマッサージ効果も抜群なのです。

 

 

メリットばっかりのメディプラスクレンジングゲル

 

と、このようにメディプラスクレンジングゲルにはデメリットはないような気がします。

 

  • 洗浄力はオイル並み
  • 美容液分は美容液クラス
  • Wクレンジング不要
  • ホットパックができる

 

今までのクレンジングの悩みが全部なくなるような・・・

 

 

しいていうなら・・価格でしょうか・・

 

クレンジングは1000円くらいのでいいや!って思っていた方にはそこがネックかな?

 

でもクレンジングってすごく重要なんですよ。
二十歳くらいならいいんでしょうけど・・30代やそれ以上になったら、クレンジングは超大事です!

 

ちなみにメディプラスクレンジングゲルは3,600円ですが、伸びがいいので1本で約2か月持ちます。
1か月1,800円。これが安いか高いかは・・・みなさん次第ですが・・

 

わたしはたぶん浮気はしません!
そのくらいにこのクレンジングゲルがお気に入りです!

 

 

 

メディプラスゲルクレンジングゲル購入ガイド

 

 

 

メディプラスクレンジングゲル
クレンジングゲル

 

こんなクレンジングが欲しかった!

 

メディプラスゲルの新しいクレンジング。
1本三役でしっかり肌を守りながらメイクを落とす。
さすが「メディプラス!」と言いたくなる圧巻の品質です。

 

 

 

 

価格 3,536円(税込)※送料無料
内容量 160g(約2か月分)

【嬉しい効果】

  • 毛穴の汚れもすっきり
  • 肌温パックできめ細かい肌へ
  • メディプラスだから敏感肌の方も安心
  • 2か月も使えるから1日当たりは59円!

 

 


 

 

 

※公式サイトはWEB限定1,000円OFFキャンペーン中

page top